'."\n";?> 仕事を辞めたいと思ったら

ジャパニーズビジネスダイジェスト

仕事を辞めたいと思ったら

もう1日たりとも働いていられない、もう辞めたいと考えることはありますが、その気持ちに至った理由を客観的に見ることも大事です。

 

辞めたい動機には、年収が希望額に満たない、働きがいを感じない、職場の雰囲気が悪いなど、会社に対して不満がある方が辞めたいと思うようです。とはいえ、転職ができたとしても、自身の能力を過大に見誤っていたり夢ばかり見ていては、新たな職場でも同じ問題が起きかねません。

 

何が不満か、改善の余地はないかを考えてから、仕事を辞めたいのかもう一度己に問いましょう。明確な目標や目的が無い内に、なんとなく退職をしてしまっては、当ても無く職を転々とする破目になる可能性も少なくありません。

 

どうして今辞めたいと考えているのか、その理由をよく洗い出してみることが大事です。自己過大評価や、独りよがりになってしまうのを防ぎましょう。家族や友人はもちろんのこと、在籍している会社の上司や同僚などにも相談することが大切です。親身になって話を聞いてくれそうな、信頼のできる相手を厳選してじっくり話し合ってください。できれば1人ではなく、数人からアドバイスを受けることで、複合的な視点から判断ができるようにすると的確な判断が期待できます。

 

仕事を変えることについて本などを読んだり、ネットで情報収集をするのも効果的です。

 

仕事のどんな部分が辞めたいと思える原因なのか、紙に書くことで状況を客観視することも可能です。自分を客観視することが出来るので、仕事を辞めたいと思った時の突発的な離職による後悔を招きにくくなるのでおすすめです