'."\n";?> 仕事探しのポイント

ジャパニーズビジネスダイジェスト

仕事探しのポイント

元手がかつかつでは、仕事探しも思うようにはいきません。面接試験などでは、現地までの移動費を支給するという会社もあります。

 

交通費を出すという姿勢の企業であれば、社員の福利厚生を重視し、売り上げに余裕があるという印象があります。面接の段階からそのようなことがある会社ならば、働きやすく、辞めずに勤め上げることができそうな気がします。

 

面接や採用試験の時で、どういった会社なのかよく観察しておきましょう。会社のシンボル的な位置にもいる面接官が感じが良くない人であったら、その会社に入るのは考えものかもしれません。

 

面接でこちらに決まりの悪い思いをさせたり無神経なことを言う相手なら、考え直すべきかもしれません。面接の場で言葉を交わすだけで、会社の実際の雰囲気がほぼわかってしまうということも起こりえます。

 

履歴書の扱いはどうするべきでしょう。もしも縁がなく採用されなかった時は、履歴書を返してもらうように頼むというやり方もあります。

 

何かのミスで外部に漏れてしまっては大変迷惑なことになりますから、自分の情報は自分で守ってください。不採用だった場合に返してもらえるかどうかを事前に確認したり、必要ならその場ですぐ履歴書を返してもらえるように頼んでもいいでしょう。

 

企業側におもねっていてばかりでは満足のいく仕事探しはできません。会社に呑まれやすい人などは、自分が会社を選んでやっているというくらいの気持ちが必要かもしれません。

 

仕事探しでは、満足して働ける場所に採用されることこそが重要なことです。