'."\n";?> 自分の市場価値を知る

自分の市場価値を知る:ジャパニーズビジネスダイジェスト

自分の市場価値を知る

転職を考えるときはもちろんですが、常日頃からの自分の市場価値を考えることが必要ではないでしょうか。
自分の市場価値を考えようとすることで、将来必要になるスキルや現在自分に不足しているスキルなどのについてハッキリとつかむことができるようになります。

 

このようにして把握できた自分の状況から、それでは市場価値を高めるためにはどうすれば良いのかと検討することにより、最終的にはキャリアアップにつながることになります。
それではどのようにして自分の市場価値を知ることができるのでしょうか。

 

まず比較的簡単に自分の市場価値を調べる方法として、WEBでの求人情報や求人情報誌を利用することです。
その求人情報の中から、自分と同じ業種や職種、企業の規模、収入などを自分と比較することにより現状が高いか低いかがわかります。

 

ここまではいわゆる自己分析で、自分で分析したもので客観的な分析とはなっていません。
客観的な分析をするのであれば、人材紹介会社を利用して求人市場の動向から自分の市場価値が把握できるようになっています。

 

それでは転職で自分の市場価値を高めるにはどうすればよいでしょうか。
転職を考えるキッカケになる「転職したいわけ」を今一度良く考えてみましょう。

 

本当に転職することにより問題が解決するのかどうかということをよく見極めることが必要です。
それと重要なのは、転職することで何を実現したいかといことも目標をしっかり明確にしておくことです。

 

厚生労働省で発表している有効求人倍率も低下の一途をたどっています。
転職そのものもなかなか難しい状況の中、目標が明確になっていないと転職してもまたその転職先でまた転職したいと考えてしまうことにもなりかねません。

 

そのためにも現状の自分の分析をしっかりとし、自分の市場価値を引き上げられる転職先を選択することです。